現在の消費者金融を正しく活用するための正しい知識など

消費者金融 正しく活用

消費者金融を利用している、あるいは利用したことがある。
という方はどれくらいいるのでしょうか?
まさかとは思いますが冶金設備、お金の掘削装置と思ってはいないと
思いますが初心者の方も多いでしょうから細かいことも書いていきます。
また消費者金融とくくると銀行などのイメージがない場合もありますが
銀行もひとくくりに案内します銀行系消費者金融とはでそういった内容を説明しています。

日本の総人口はおよそ1億2000万人ですが、そのうちのおよそ1400万人が
消費者金融の利用者であるといわれており、ざっと見積もって8人にひとりが
消費者金融を利用しているということになるそうです。

参考データ:
http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/02.pdf (金融庁)

また、この利用者数の増減はどうなのかというと、
微妙な推移はあるものの、劇的な増減はほぼないといっていいようです。

景気の動向などもありますから、激しい増減があるのかと想像してしまいがちですが、
意外にも安定した利用者数であるということは、それだけ私たちの生活に密着した
なくてはならない存在となっているのではないかと思います。

改正貸金業法の影響

利用者数という点からみれば、大きな増減はないとはいえ、
改正貸金業法の施行は消費者金融業界にとって、
大きな変革を強いられたことはいうまでもありません。

利用者からみた場合にも、それまで借り入れが可能であった方が、
借り入れできなくなったり。
上限金利の引き下げによって、以前よりも低金利での借り入れが可能となるなど、
一長一短ともいえる変革であったといえます。

これらの法改正の影響によって、消費者金融業界は大きく様変わりしました。
この法改正後の業界について、私たち一般の利用者は
まだまだよくわからないことが多い、ということもあるかと思います。

正しい知識をもって利用するために

消費者金融の活用方法は、利用者が本当に必要であるときに
利用するというのが第一だと思います。

当サイトのタイトルは「正しく活用」としましたが、
正しい知識をもって利用するということが、正しく活用するための第一歩だと考えます。

このような意味も踏まえて、2012年現在の消費者金融を
正しく活用するための正しい知識などをまとめてみたいと思います。