総量規制の基礎知識

> 総量規制の基礎知識

総量規制の基礎知識

消費者金融で借り入れを行う際に、
知っておきたい基礎知識として総量規制があります。

総量規制は、2010年に完全施行となった改正貸金業法に含まれる
代表的な改正事項で、それまでは年収による借入額の上限は
設定されていませんでした。

総量規制は、個人の借り入れを年収の3分の1までに制限する。
というものです。

例として挙げれば
■年収300万円の場合 
■借入額の上限は100万円

■年収600万円の場合
■借入額の上限は200万円

といった具合です。

これはもちろん、借り入れが可能な上限額ですので、
必ずしもこの金額まで借り入れが可能であるとは限りません。
これまでの返済状況や履歴など、年収以外の点も考慮し、
各業者の基準によって審査を行った上で、融資額が決定されます。

あくまでも、法的に借り入れが可能な最大額であるといったほうがよいでしょう。

銀行での借り入れは対象外

また、この改正貸金業法はその名のとおり、貸金業者についての決まりです。
貸金業者とは、消費者金融のほか、クレジットカードのキャッシング枠などがあります。

銀行については、銀行業であるため総量規制の対象外となります。
銀行系消費者金融とはで触れた銀行系業者に関しても、
総量規制の対象外として融資を受けることが可能です。